LINEの個人間融資って安全?闇金業者が関わっているって本当?

最近は、通信媒体が日進月歩で進化していますが、それに応じるかのように、キャッシングの取引形態も多様化してきています。
中には、闇金などの非合法業者が、様々な手を駆使して、お金をだまし取ろうとしたり、個人情報を盗み出そうとしている場合もありますので、注意するようにして下さい。

LINEを利用した個人間融資は危険

LINEを使った個人融資というのも、手の込んだ手口で、最近、社会的な問題となりつつあります。

本来、生業として貸金業を営む場合には、国に貸金業の登録を行わなければならないのですが、LINEを使って個人を騙り、お金に困っている人にお金を貸し付けては、法定金利を超える暴利をむさぼるというのが問題になってきています。
確かに、個人と個人とがお金を貸し借りする場合には、当人同士の合意があれば、何も第三者がどうこう言う話でないようにも思われます。

しかし、形式はともかく、実態として、闇金と同じように、一般消費者にお金を貸し付け、それに金利を付けて回収を図っているのであれば、それは貸金業者と同じで、免許の登録が必要となります。
違法行為を行っていると知っていながら取引をしていると、それを利用した個人の側でも、法の保護を受けられない場合がありますので、注意が必要です。

犯罪に巻き込まれるケースもある

また、お金の問題だけでなく、(闇金にとって)場合によっては、お金よりも価値のある個人情報を盗み取られたり、フィッシング詐欺に利用される危険性もありますので、こういった胡散臭い個人融資には、手を出さないのが無難と言えます。
そうなってくると、ヤミ業者かどうかという問題ではなく、完全に犯罪に巻き込まれることになりかねません。

たしかに、個人のやりとりは、業者とは違って、面倒くさい審査や貸出手続きはありません。しかしその分信用度が著しく低いといえます。
リスクを冒してまで、このようなものを利用する必要はありません。
また、あなただけでなく、あなたの周りの大切な人にまで迷惑をかけてしまう危険性がありますので、こういったものの利用は絶対に止めて下さい。

どこからもお金を借りられなくても闇金は絶対NG

あなたのお金の相談に乗ってくれる行政機関や法律事務所、また、そこまでいかずとも、法定金利を守る合法の金融業者が街中にはたくさんありますので、どこからも借りれないからといって、非合法の闇金などに手を出すのは止めましょう。