生活費が毎月足りない人や生活保護をもらっていても足りない人はどうする?

借金が多くなると、それを毎月返済していくことが段々大変になっていきます。
ですので、ご自身が無理なく返せる範囲内で、借金をするといのが、基本中の基本と言えるでしょう。

ただ、そうは言っても、借りてしまった事実は事実として、借金が積み重なってしまい、返済だけで手いっぱいになってしまった場合には、それでは、どうしたら良いのでしょうか。

生活費が足りない場合の対処法

最終的には、自己破産や任意整理といった、一定程度の借金をチャラにしてもらい、あるいは棒引きしてもらう方法も認められてはいますが、社会生活における様々なリスクを伴う行為ですので、これらの方法の利用は、最終手段と考えるべきでしょう。
返済にアップアップで、どうにもならない場合には、何と言っても、キャッシング業者に直接相談してみるのが良いでしょう。
場合によっては、毎月1万円の返済のところを、今月だけは5,000円で勘弁してもらったり、それでもお金が足りない場合は、利息を支払うだけで、何とか許してもらえるとか、妥協案が生まれる可能性もあります。

キャッシングする時の注意点

何にも連絡を入れずに、返済日を無視したり、業者からの、督促電話の着信を拒否したりするのは、相互の信頼関係を傷つけることになりますので、もってのほかです。

また、このような行為は、あなたご自身にとっても大変リスクのある行為であって、絶対に避けるべきです。
度々、信頼関係を傷つける裏切り行為を続けていると、一括返済を求められてしまい、一発で首が回らなくなる事態に陥りかねません。

連絡を入れて最低限の義理を果たそう

こういったことのないよう、たとえ嫌であっても、最低限の連絡は行うようにしましょう。
また、どうしても、お金が足りず、よそからの追加融資で当座を凌ぐという場合も、厳しいですが、場合によってはあるかもしれません。

その場合には、かなり審査も厳しい状況になっているでしょうから、少しでも審査の緩い業者を探すという作業が大切になってくるでしょう。

中小の消費者金融は最も審査が通りやすい

「審査の難易度」という一点に絞って見れば、合法の金融業者の中では、街中の中小の金融業者が、金利が高い裏返しとして、一番審査は通りやすいかもしれません。

かすかな光を掴み、何とか次に繋げることができる場合もあるかもしれませんので、こういった情報も参考にしてみては如何でしょうか。片隅に留めておくと良いでしょう。

生活保護受給中でもお金が足りない時は?

理由があり、一人の収入で生活を支えていかなければいけない人や、様々な事情により生活困難な人に向けた国の対策として「生活保護」の制度があります。
生活保護を受けるには資格が必要となりますが、その資格を得る為には法律による審査があり、審査が通らないと生活保護は受けられません。

また生活保護を受ける資格を得たとしても、その生活には様々な制限があります。
贅沢品の購入が出来ない、車の所持は出来ない、旅行は出来ないなど色々ありますが当然お金を借りる、といった行為も許されません。

当然と言えば当然ですが生活保護の目的は、止むを得ない理由で生活が困窮な状態にある人に対して、必要最低限の給付で生活を自立させるといった目的があるのです。

生活保護の人は金融機関から借り入れできない

もちろん生活保護は国民の税金を投入して行いますが、生活保護を受けている状態でキャッシングなどをする行為が認められるはずがないのです。
しかしそんな状態になってしまうと、毎月の生活をするのがやっとといった感じになります。

そんな中で入院などの思いもよらない大きな出費が出来た時は、当然貯金もないので対処が出来ない事が考えられます。
そんな時に頭をよぎるのが「キャッシング」といった言葉になるでしょう。
しかし先ほども述べた通り、生活保護を受けている状態でのキャッシングは認められません。

生活保護だと黙ってキャッシングすることは可能?

当然黙っていれば全く不可能ではないかも知れませんが、現実的には無理だと考えた方が良いでしょう。
キャッシングをするという事は、安定した継続的な収入がなければどのキャッシング会社の審査にも通る事は基本ありません。

生活保護は収入とは認めてもらえないからです。
それでもどうしても借りないといけない理由があるのであれば、親族や親しい友人などに借りるのが一番の選択肢だと言えるでしょう。