母子手当をもらっていても足りないシングルマザー。お金は借りられる?

一人親でお子さんを育てるというのは、精神的にも、肉体的にも、また、金銭的にもとても大変なことですね。
母子手当を始め、行政では、シングルマザーを支援する補助制度を設けていますが、十分に充実しているとはお世辞にも言えないのが実情です。
日々の生活が苦しくて、将来が見えないということも多いでしょう。

母子家庭でもキャッシングやカードローンは利用可能?

毎月の生活費が十分ではないので、キャッシングやカードローンでお金を工面したいと考えるシングルマザーの方は、世の中に少なくないと思います。
それでは、母子手当をもらっているシングルマザーの方は、金融業者さんからお金を借りることができるのでしょうか。

それに対する回答は、「条件付きでOK」です。シンママだから借りれないんじゃないか、どこからも借りることができないのでは・・・と心配の方ご安心ください。
この場合、基本はOKですが、この「条件付き」という点がポイントになります。

安定した収入さえあれば、主婦でも母子家庭でも借りれる

金融業者さんからお金を借りようとする場合、収入の多寡はもちろんですが、それよりも「安定した定期的な収入」があることというのが、大切なキーワードになります。
キャバクラなどの水商売の場合、実入りは大きいかもしれませんが、「安定した定期的な収入」があるかと言うと、何となく当てはまらないような気がしませんか。

それに比べて、コンビニのアルバイトの場合、金額は決して多くないかもしれませんが、「安定した定期的な収入」に該当し、審査に際には優位に事を運ぶことができます。
したがって、お金を借りようとする場合、アルバイトでもパートでも何でも良いので、このキーワードを確保するための「身分」を整えることが先決と言えます。
特に、他から借り入れなどがない場合、意外とスムーズに審査が通ったりする場合がありますので、まずは外形を整えることから始めましょう。

今すぐ仕事が見つからない方は派遣に登録しよう

裏ワザと言うほどでもありませんが、アルバイトやパートになるまでの時間的な余裕もないという場合には、派遣に登録して、その身分をもって、キャッシングの審を受けるという方法もあります。
この方法の場合、たぶん自宅に居ながらにして、パソコン一つスマホ一つで登録自体はできるでしょうから、5分もかからず、外形だけは整えることができます。

ただし、借りたものには利息を付けて返さなければなりませんので、外形だけでなく、内実も、いずれ整える必要があるのは言うまでもありません。