ギャンブル使用目的でお金をかりることはできる?

ギャンブルでの一攫千金を目指して、消費者金融などからお金を借りる人がいますが、この考え方はおすすめできるものではありません。

まず、イイ悪いの話の前に、ギャンブル目的で借りれるか借りれないかだけを考えれば、答えは「借りれません」です。
パチンコ代貸してください!と言って貸してくれる業者は闇金くらいのものです。ギャンブル目的では正規業者からはどこからも借りれないです。

なので、もし借りるとすれば、「生活費目的」など別の理由を提示して借りるしかありません。

ギャンブル使用目的で、お金を借りることは結果的にはできます。
使用目的をちょっとごまかしさえすれば、収入審査で落ちないかぎり借入はOKですね。

負けて返済不能になったら自己破産すらできない

でも、実際問題負けてしまった場合に、どのようにお金を返していくかと考えた場合、リスクが大きすぎます。
また、難しい内容なので、ここでは簡単な紹介にとどめますが、日本には破産法という法律があり、その法律では自己破産するための要件等について規定されています。
自己破産というには、債務(つまり借金)に苦しんでいる人を救済するための国が認めた制度ですが、破産して、裁判所から免責の審判が下されると、債務を払わなくてもよくなります。

しかし、法律では、ギャンブルで多額の債務を背負ったときには、免責不許可が原則と明記されています。
難しいこといいますが、つまりは、ギャンブルで作った借金は自己責任だから、なんとしても払わないといけないよっていうことです。
合理性や妥当性を考えてみれば、当たり前と言えば当たり前の話で、自分の落ち度以外の何物でもなく、図らずも、親の借金を背負ってしまった場合や失業により住宅ローンが払えなくなった場合など、他の情状酌量の余地がある話とは別物として扱われます。

同じ借金であっても、このように借金の性質によって、言ってみれば「色」が付いていることはあまり知られていませんが、とても重要なポイントです。

ギャンブル目的でお金を借りるのは返済時のリスクが高い

ギャンブル目的で、お金を借りることまではできるかもしれませんが、その後の返済時のリスク、また、お金がすっからかんになって、どうにもならなくなってしまったときのご自身の将来に目を向けてみたとき、「あ、やめとくか」という判断が働くのが普通の方の神経ではないかと思います。

お金を借りること自体は悪いことでもないし、恥じることでもありませんが、ご自身の将来や家族など、周りの大切な人のことも考えて、計画性をもって、適切に利用するのが良いでしょう。

リボ払いの支払いができない!カードローンで借りて払うのは問題ない?

クレジットカードで買い物を済ませた場合など、決済をリボ払いで行うという方もおられるでしょう。
リボ払いは、お財布が厳しいときなど、とても便利な支払い方法ですね。
高額な商品でも、毎月分にならすと、支払い金額がかなり少なくて済みますので、リボ払いを積極的に利用されている方も結構おられるのではないかと思います。

ただ、利用者にとっての便利なサービスの裏には、「お金」が発生している事実も見逃すことはできません。
リボ払いを利用していると、「手数料」という名の一定の金利が発生します。
リボ払いの手数料がどれ位になっているか、普段、あまり気にしないで、リボ払いを利用している方も少なからず、おられるのではないでしょうか。

リボ払いの手数料は消費者金融の金利と変わらない

実は、リボ払いの手数料は意外と高いです。
金利として計算すると、実質の年利で大体15%あるいはそれ以上の場合もあります。
カードローンの金利などと比較しても、結構な金額になっていることがご想像頂けるのではないかと思います。

リボ払いという名称もいけませんね。実質は借金しているのと変わりはないのに、リボルビング

借金のための借金はうまく行く試しはない

カードローンの金利は、借入限度額が高額になればなるほど、実質年利が安くなっていくのが一般的です。
上手く高額のカードローン限度額を設定できたら、リボ払いによる支払いを止め、カードローンからこの費用をねん出できれば、金利差の分だけ、支払額を節約することは原理上、可能です。

また、毎月のリボ払い自体に回すお金が足りなくて、カードローンを利用したいという方もおられるかもしれません。

これは、Aという借金の穴埋めをBという借金ですること以外の何物でもありません。
リボ払いによる毎月の支払い金額が高額すぎて支払えず、これをカードローンでの支払いにならす(薄める)ことができれば、借金の返済期日は遠のきますが、取りあえず、当座は凌ぐことができるでしょうから、それで良いという方には、意味のある方法のようにも思われます。

ただ、明らかにこれは自転車操業状態。借金のために借金を繰り返すという方法ですね。
最初はそれで大丈夫のかもしれませんが、次々に金策に走らないといけなくなります。その労力もさることながら、毎回審査に通るとは限ってません。

借金返済のためにお金を借りるリスクを考えよう

どこかで穴埋めができなくなった、返済が滞ったという時点でジ・エンドです。どこからも借りれなくなった時点で次はありません。
借金の穴埋めを借金で行うというやり方は、古今東西、歴史を振り返って見ても、あまり上手くいった事例はありませんので、カードローンで次はなしということで、せめて一回限りにしておいた方が良いでしょう。