開業直後に資金がショート!事業者向けキャッシングを利用しよう

キャッシングを利用する目的は人によって様々です。毎日の遊興費が足りない場合もあるでしょうし、転勤に伴う引っ越し費用の工面が目的の場合もあるかもしれません。
また、経営している事業の継続が目的で、お金を借りたいとお考えの方もいることでしょう。
実際には事業資金はなんとかあるけど、自分の生活費が足りない・・・ということも多いですね。

通常のキャッシングやカードローンの場合、借り入れの目的は生計費に充てるという使途制限を設けている業者が多いようです。
したがって、事業の継続に資する目的でお金を借りることは、この場合にはできないことになります。

金融業者によっては事業者向けカードローンを展開していることも

ただし、金融業者によっては、名称こそ各社様々ですが、事業者向けのキャッシングやカードローンのサービスを展開している業者さんもあります。

事業の維持・継続が目的でキャッシングしたいと考えている方は、ホームページなどで確認し、こういったサービスを積極的に行っている業者さんに相談してみると良いでしょう。
あまり知られてはいませんが、アイフルを始め大手消費者金融もビジネスローンのサービスを提供しています。
政策金融公庫のような低利で借りることはできませんが、その分審査が早く、つなぎ融資にも使えるのが便利な点です。

中小消費者金融なら柔軟対応、親身になって付き合ってくれる

また、ホームページ上で、使途制限が確認できない場合には、あらかじめ電話などで業者さんに連絡し、生活目的ではなく、事業目的でのサービスの利用が可能かどうか、確認しておきましょう。
個人事業主の場合、この生活目的と事業目的との違いがグレーである場合が少なくありませんが、合法的に、正しくキャッシングを利用するため、面倒臭がらずに、内容の確認を行うようにして下さい。

あまり嬉しいことではありませんが、金融業者さんとは、長いお付き合いになることが少なくありません。
業者さんからお金を借りて、毎月順調に返すことができれば良いですが、未来のことが予測できませんし、いつも順風満帆とは限らないかもしれません。

いざと言うときに、親身になって相談に乗ってもらえるように、こちらからも嘘なく、きちんと正確な情報を上げて誠実に行動し、少しずつでも、信頼関係を構築していくことが(業者さんとの関係に限ったことでもありませんが)良いお付き合いを維持するためのポイントと言えるでしょう。
そういった意味では、大手から借りるのもいいですが、柔軟対応してくれる街の中小の消費者金融から借りるのも得策だといえます。

キャバ嬢・デリヘル嬢がお金を借りる方法はある?

キャッシングをする際に必要な条件として、安定した収入という点がどこの会社にも条件として記載されています。
しかし自分の職業はお金を借りる事が出来るのだろうかと不安に思う人も多いはず。

キャバクラ勤務だけどお金を借りたい。どうすればいい?

自分はキャバクラで働いてるからお金を借りれるか不安、といういわゆるキャバクラ嬢の人の悩みを聞く事がありますが、お金を借りるという点においては職業は基本的に関係ありません。

大切なのは安定した収入が継続してあるかどうかになるので、キャバクラ嬢だからといって断られる心配はしなくて良いという事になります。

キャバクラ勤務でも正規雇用か非正規雇用かで審査が変わる

キャバクラ勤務で断られることがなくても、審査を左右する注意点があります。

それは正規雇用、つまり正社員であるかどうか?保険が社会保険であるかどうかは、審査の際にひとつのポイントとなります。
短期でキャバクラでバイトをしているキャバクラ嬢、何年も社員としてキャバクラで働いてるキャバクラ嬢では意味合いが変わってくるのです。

キャバクラ嬢である事が問題なのではなく、バイトであればいつ辞めるか分からないという不安点があるので、貸す側にとっては返済に対しての不安を抱くのです。
確かにアルバイトでもお金を借りる事は可能ですが、融資額は正社員に比べて低くなる可能性は出てきます。

大手がダメなら地元の中小消費者金融に頼る!

また大手の審査は機械的なので、バイトだともしかすると審査に落ちる可能性もあります。
そんな不安がある人は、大手より中小の消費者金融の方が向いているかも知れません。
中小の消費者金融の審査は独自審査が多いので、大手より融通が効く場合があります。

サービス面では大手に劣るかも知れませんが、中小の消費者金融でも利息は大手と変わりません。
大手でないとなぜか怪しい会社などといったイメージを持つ人が多いですが、基本的には何の変わりもありません。

キャバクラ嬢だけどお金をかりたい、という場合は自分が働いているお店の正式名称と在籍確認で必要な電話番号をきちんとメモしてから、申し込みを行うと良いでしょう。
またアルバイトでキャバクラ嬢をしている人も、基本的には同じですが申し込みの際にはアルバイトである事をきちんと伝える事が必要です。

デリヘル勤務だけどお金を借りたい。どうすればいい?

デリヘル勤務だけどお金を借りたい場合、問題となるのは安定した収入です。
デリヘル勤務だからお金を借りれないという訳ではなく、あくまでも安定した収入がポイントとなるのです。

デリヘル勤務だと多くのケースで、定職を持たない人、バイトである人が多いです。
つまりフリーター的な要素が濃い事になりますが、この点が審査にどう影響するかというのが一番のポイントになるでしょう。

上記の様な点から見るとデリヘル勤務だけどお金を借りたいと考えた時、銀行のカードローンは難しいと考えるべきです。
そうなると必然的に消費者金融がお金を借りる対象となってきますが、消費者金融ならデリヘル勤務でも絶対に借りれるという保証はなく、消費者金融の審査に通らなければ
お金を借りる事が出来ません。

消費者金融ももちろん融資対象となる方という注意書きがあり、大抵の場合で20〜60代の安定した収入がある人が対象となっています。
この安定した収入、という点がデリヘル勤務での収入をどう判断するかになります。
会社勤めではなく月収としての安定した収入ではないので、返済に不安があると判断された場合審査には通りません。

風俗勤務は大手以外の貸金業者を探す!

同じ風俗でも店舗を持つソープ嬢やキャバクラ嬢とデリヘル勤務での差も、もしかすると
あるかも知れません。
大手では風俗関連勤務の人が、審査に通らないといったケースも結構ある様です。

しかしデリヘル勤務で収入もそこそこにあるのでお金を借りたいという事が悪い訳ではなく、審査に通りそうな消費者金融選びが大事になってきます。
大手で断られたからと全て諦める必要もなく、考え方や視点を変えて考えましょう。

消費者金融は大手だけではありません。
メディア露出が少ない中小の消費者金融や、自分の街にある街金などを含めるとかなりの数が存在します。

中小の消費者金融や街金は危ないと思っていては、お金を借りる事は難しくなってきます。
規模は小さいかも知れませんが、中小の消費者金融や街金などもきちんとした貸金業です。
また大手とは違った審査基準のケースが多いので、デリヘル勤務の人でも自分の収入をきちんと証明出来ればお金を借りる事はそう難しくないのではないと考えられます。

4件以上からお金を借りていても貸してくれるところはある?

借り入れが4件、あるいは5件と言うように、複数の業者からキャッシングしている場合には、返済計画を管理していくだけでも大変です。

業者ごとに、それぞれ返済の期日が異なるでしょうし、さらに、引落口座まで違うとなると、今日はあっちの口座に幾ら入金、明日はこっちの口座に幾ら入金と、手間がかかって大変です。

うっかり入金漏れが続いてしまうと、信用情報に傷をつけかねませんし、お金を移動させる振込手数料も馬鹿にならないでしょう。
やむを得ない場合もあるでしょうが、複数の業者を使ってキャッシングするのは、名実ともにリスクが大きいと考えるべきでしょう。

複数の業者からの借り入れにはおまとめローンがおすすめ

多重債務に陥っていて苦しんでいる方におススメしたいのが、おまとめローンという方法です。
おまとめローンというのは、読んで字のごとく、複数の業者の借り入れを一本にまとめてしまうという方法です。

仮に、A社から30万円、B社から20万円、C社から15万円、D社から10万円、E社から5万円の合計5社、80万円の借り入れがあったとします。
これをA社ならA社、今まで借り入れていた業者以外のF社でもどこでも構わないのですが、80万円をまるごと1社にまとめてしまうのが、おまとめローンです。

お金の返済を一本化することで、管理の手間が省け、余分な振込手数料なども節約することができます。

債務一本化で、借入金利を下げる

また、おまとめローンには、上手く利用すると、金利を節約できる場合があります。
金利を節約できるということは、返済総額が少なくて済むということですので、非常にお得ですよね。

それから、おまとめローンを利用するということは、他社の返済分を一時的に借入れて、これの返済に充てることになります。

そうなると、総量規制の制限を受けてしまい、おまとめローンを利用できないな‥そんな風に考えておられる方もいるかもしれません。

ご安心下さい!ここでは、詳しい説明は省略しますが、上の例のように、おまとめローンを利用しようとする場合、法律の規定によって、総量規制の「除外」となり、一時的な借入れが認められているのです。
つまり、おまとめローンを利用しようとする場合、年収の3分の1を超えるキャッシングも可能ということになります。

少しでも損をしないように、おまとめローンを上手に使って下さいね。

LINEの個人間融資って安全?闇金業者が関わっているって本当?

最近は、通信媒体が日進月歩で進化していますが、それに応じるかのように、キャッシングの取引形態も多様化してきています。
中には、闇金などの非合法業者が、様々な手を駆使して、お金をだまし取ろうとしたり、個人情報を盗み出そうとしている場合もありますので、注意するようにして下さい。

LINEを利用した個人間融資は危険

LINEを使った個人融資というのも、手の込んだ手口で、最近、社会的な問題となりつつあります。

本来、生業として貸金業を営む場合には、国に貸金業の登録を行わなければならないのですが、LINEを使って個人を騙り、お金に困っている人にお金を貸し付けては、法定金利を超える暴利をむさぼるというのが問題になってきています。
確かに、個人と個人とがお金を貸し借りする場合には、当人同士の合意があれば、何も第三者がどうこう言う話でないようにも思われます。

しかし、形式はともかく、実態として、闇金と同じように、一般消費者にお金を貸し付け、それに金利を付けて回収を図っているのであれば、それは貸金業者と同じで、免許の登録が必要となります。
違法行為を行っていると知っていながら取引をしていると、それを利用した個人の側でも、法の保護を受けられない場合がありますので、注意が必要です。

犯罪に巻き込まれるケースもある

また、お金の問題だけでなく、(闇金にとって)場合によっては、お金よりも価値のある個人情報を盗み取られたり、フィッシング詐欺に利用される危険性もありますので、こういった胡散臭い個人融資には、手を出さないのが無難と言えます。
そうなってくると、ヤミ業者かどうかという問題ではなく、完全に犯罪に巻き込まれることになりかねません。

たしかに、個人のやりとりは、業者とは違って、面倒くさい審査や貸出手続きはありません。しかしその分信用度が著しく低いといえます。
リスクを冒してまで、このようなものを利用する必要はありません。
また、あなただけでなく、あなたの周りの大切な人にまで迷惑をかけてしまう危険性がありますので、こういったものの利用は絶対に止めて下さい。

どこからもお金を借りられなくても闇金は絶対NG

あなたのお金の相談に乗ってくれる行政機関や法律事務所、また、そこまでいかずとも、法定金利を守る合法の金融業者が街中にはたくさんありますので、どこからも借りれないからといって、非合法の闇金などに手を出すのは止めましょう。

母子手当をもらっていても足りないシングルマザー。お金は借りられる?

一人親でお子さんを育てるというのは、精神的にも、肉体的にも、また、金銭的にもとても大変なことですね。
母子手当を始め、行政では、シングルマザーを支援する補助制度を設けていますが、十分に充実しているとはお世辞にも言えないのが実情です。
日々の生活が苦しくて、将来が見えないということも多いでしょう。

母子家庭でもキャッシングやカードローンは利用可能?

毎月の生活費が十分ではないので、キャッシングやカードローンでお金を工面したいと考えるシングルマザーの方は、世の中に少なくないと思います。
それでは、母子手当をもらっているシングルマザーの方は、金融業者さんからお金を借りることができるのでしょうか。

それに対する回答は、「条件付きでOK」です。シンママだから借りれないんじゃないか、どこからも借りることができないのでは・・・と心配の方ご安心ください。
この場合、基本はOKですが、この「条件付き」という点がポイントになります。

安定した収入さえあれば、主婦でも母子家庭でも借りれる

金融業者さんからお金を借りようとする場合、収入の多寡はもちろんですが、それよりも「安定した定期的な収入」があることというのが、大切なキーワードになります。
キャバクラなどの水商売の場合、実入りは大きいかもしれませんが、「安定した定期的な収入」があるかと言うと、何となく当てはまらないような気がしませんか。

それに比べて、コンビニのアルバイトの場合、金額は決して多くないかもしれませんが、「安定した定期的な収入」に該当し、審査に際には優位に事を運ぶことができます。
したがって、お金を借りようとする場合、アルバイトでもパートでも何でも良いので、このキーワードを確保するための「身分」を整えることが先決と言えます。
特に、他から借り入れなどがない場合、意外とスムーズに審査が通ったりする場合がありますので、まずは外形を整えることから始めましょう。

今すぐ仕事が見つからない方は派遣に登録しよう

裏ワザと言うほどでもありませんが、アルバイトやパートになるまでの時間的な余裕もないという場合には、派遣に登録して、その身分をもって、キャッシングの審を受けるという方法もあります。
この方法の場合、たぶん自宅に居ながらにして、パソコン一つスマホ一つで登録自体はできるでしょうから、5分もかからず、外形だけは整えることができます。

ただし、借りたものには利息を付けて返さなければなりませんので、外形だけでなく、内実も、いずれ整える必要があるのは言うまでもありません。

生活費が毎月足りない人や生活保護をもらっていても足りない人はどうする?

借金が多くなると、それを毎月返済していくことが段々大変になっていきます。
ですので、ご自身が無理なく返せる範囲内で、借金をするといのが、基本中の基本と言えるでしょう。

ただ、そうは言っても、借りてしまった事実は事実として、借金が積み重なってしまい、返済だけで手いっぱいになってしまった場合には、それでは、どうしたら良いのでしょうか。

生活費が足りない場合の対処法

最終的には、自己破産や任意整理といった、一定程度の借金をチャラにしてもらい、あるいは棒引きしてもらう方法も認められてはいますが、社会生活における様々なリスクを伴う行為ですので、これらの方法の利用は、最終手段と考えるべきでしょう。
返済にアップアップで、どうにもならない場合には、何と言っても、キャッシング業者に直接相談してみるのが良いでしょう。
場合によっては、毎月1万円の返済のところを、今月だけは5,000円で勘弁してもらったり、それでもお金が足りない場合は、利息を支払うだけで、何とか許してもらえるとか、妥協案が生まれる可能性もあります。

キャッシングする時の注意点

何にも連絡を入れずに、返済日を無視したり、業者からの、督促電話の着信を拒否したりするのは、相互の信頼関係を傷つけることになりますので、もってのほかです。

また、このような行為は、あなたご自身にとっても大変リスクのある行為であって、絶対に避けるべきです。
度々、信頼関係を傷つける裏切り行為を続けていると、一括返済を求められてしまい、一発で首が回らなくなる事態に陥りかねません。

連絡を入れて最低限の義理を果たそう

こういったことのないよう、たとえ嫌であっても、最低限の連絡は行うようにしましょう。
また、どうしても、お金が足りず、よそからの追加融資で当座を凌ぐという場合も、厳しいですが、場合によってはあるかもしれません。

その場合には、かなり審査も厳しい状況になっているでしょうから、少しでも審査の緩い業者を探すという作業が大切になってくるでしょう。

中小の消費者金融は最も審査が通りやすい

「審査の難易度」という一点に絞って見れば、合法の金融業者の中では、街中の中小の金融業者が、金利が高い裏返しとして、一番審査は通りやすいかもしれません。

かすかな光を掴み、何とか次に繋げることができる場合もあるかもしれませんので、こういった情報も参考にしてみては如何でしょうか。片隅に留めておくと良いでしょう。

生活保護受給中でもお金が足りない時は?

理由があり、一人の収入で生活を支えていかなければいけない人や、様々な事情により生活困難な人に向けた国の対策として「生活保護」の制度があります。
生活保護を受けるには資格が必要となりますが、その資格を得る為には法律による審査があり、審査が通らないと生活保護は受けられません。

また生活保護を受ける資格を得たとしても、その生活には様々な制限があります。
贅沢品の購入が出来ない、車の所持は出来ない、旅行は出来ないなど色々ありますが当然お金を借りる、といった行為も許されません。

当然と言えば当然ですが生活保護の目的は、止むを得ない理由で生活が困窮な状態にある人に対して、必要最低限の給付で生活を自立させるといった目的があるのです。

生活保護の人は金融機関から借り入れできない

もちろん生活保護は国民の税金を投入して行いますが、生活保護を受けている状態でキャッシングなどをする行為が認められるはずがないのです。
しかしそんな状態になってしまうと、毎月の生活をするのがやっとといった感じになります。

そんな中で入院などの思いもよらない大きな出費が出来た時は、当然貯金もないので対処が出来ない事が考えられます。
そんな時に頭をよぎるのが「キャッシング」といった言葉になるでしょう。
しかし先ほども述べた通り、生活保護を受けている状態でのキャッシングは認められません。

生活保護だと黙ってキャッシングすることは可能?

当然黙っていれば全く不可能ではないかも知れませんが、現実的には無理だと考えた方が良いでしょう。
キャッシングをするという事は、安定した継続的な収入がなければどのキャッシング会社の審査にも通る事は基本ありません。

生活保護は収入とは認めてもらえないからです。
それでもどうしても借りないといけない理由があるのであれば、親族や親しい友人などに借りるのが一番の選択肢だと言えるでしょう。

任意整理で借金を減らしたが、今後お金を借りる事はできる?

任意整理という方法は、法律で認められた方法であり、それによって借金を減らすことができる場合があります。
しかし、任意整理をすると、金融事故を起こした者として、いわゆる「ブラックリスト」に名前が載ることになりますので、その後のキャッシングやカードローンの利用に制限がかかる場合が多いです。

任意整理した人もブラックリストに入る

ブラックリストというと、自己破産者が載るというイメージがあるかもしれませんが、任意整理した人も一定期間、事故情報が掲載されます。
ただし、いくつかある信用情報機関のうち、事故情報が共有されるところと、されないところがあるというのが、自己破産と違うところです。
その意味では、言ってみれば、任意整理のほうが、破産に伴うペナルティが小さいといえます。

その上での話ですが、任意整理後に、金融業者からお金を借りれなくなるかと言うと、必ずしもそうとも言えません。
どこからも借りれない、融資が受けられないという状況下に置かれる人は、極少数です。
審査の厳しい銀行や大手消費者金融からの借り入れが難しくなることは事実でしょうが、世の中には、星の数ほど、金融業者が存在します。
なので、債務整理者であっても、利用可能な金融業者は、意外と少なくないなと、結果として、お感じになられる場合もあるかもしれません。

ブラックリストから外れる年月をまたずに借りれる?

大手の金融業者等からの借り入れが難しい場合、街中の中小の金融業者の審査に申し込んでみると良いかもしれません。
この場合、いわゆる、ブラックリストの掲載期間(およそ5年)をまたずに申し込むことも可能です。

ここでは、大手の金融業者等の審査に通らない人が、申込者の多数を占めますので、その中にあって、業者さんが、完済可能と判断した場合、お金を借りることが可能となります。

ただし、最初は、5万円、10万円というように、少額のお金しか借りられないケースが多いだろうと思われます。
少額のお金であっても、毎月滞ることなく、きちんと返済していき、お金に関する信用が高まっていくと、さらに高額の利用が可能になっていくのが普通です。

中小消費者金融でもネットから借りられる

中小の金融業者と言うのは、全国にたくさん存在しますが、最近のキャッシングは、わざわざ店舗に赴かずとも、ネットや電話を使い、申込みから審査、実際の借り入れまでが完結する場合が多いです。
したがって、条件面で折り合いさえつけば、例えば東京に住んでいて、札幌の業者を利用したり、福岡の業者を利用したりというようなことも可能ですので、そういう意味でも、選択肢の幅も広がっていると言えるでしょう。

水商売だとカードローンの審査はどうなる?最近の審査は水商売にも柔軟?

カードローンの審査においては、①定期的な収入があること、②安定した収入があることが基本的な要件になります。
その上で、個人が申告してきた情報や信用情報機関に登録されている信用情報(個人のお金にまつわる情報)をチェックして、貸したお金をきちんと返済できるかどうかの与信審査が行われ、合否が決まるというのが一連の流れになります。

水商売や夜の仕事をしている方の場合、上の②の要件は満たしていても、①の要件を満たしていると、なかなか認めてもらえないため、審査に通りにくいという時代がありました。
ただ、一口に水商売と言っても、実際には色々な仕事がありますし、最近は、消費者金融間の顧客の囲い込み競争が激しくなってきていますので、一頃に比べると、審査の間口は格段に広がってきています。

ですので、水商売をしているからと言って、カードローンは利用できないと、最初から諦めてしまうのは早計と言えるでしょう。
夜の商売だから、どこからも借りれないと嘆く必要はありません。

収入の申告は合算で

カードローンで顧客の獲得を目指す業者には、消費者金融などの貸金業者の他に銀行などがありますが、こちらの方は、審査が厳しくなる傾向があります。
金利は高くなってしまいますが、審査に通過することを最優先するならば、消費者金融の方がおススメかもしれません。

ところで、水商売の場合、日によって、また、月によって収入が大きく上下する場合が多いでしょうが、サラリーマンなど、昼の仕事の方に比べて、収入を証明する書類の提出を強く求められるケースがありますので、こういった書類はこまめに集めておくとよいでしょう。
水商売をされている方の中には、昼間、別の仕事をしていて、水商売以外の収入が別にあるという方も少なくないと思います。

この場合、別の仕事の収入についても、もちろん個人の収入として認識してもらえますので、少しでも審査に通過しやすくなるよう、両方の収入を合算して申告するようにして下さい。
審査に無事、通過し、豊かな毎日を送れるよう、お祈りしています。(

勤務先は会社名が書けることがベスト

借入申込時には、勤務先名を書かなければいけません。
その時の名前は、店舗名ではなく、経営母体の会社名を書くことが必須です。
そうすれば、それだけでも硬い会社だと思われます。

貸金業者から、在籍確認の電話も間違いなく入るでしょうから、その時は従業員さんに、そういう電話が入る旨を伝えておけば、万事安心です。

明日までに200万円どうしても必要。どうすれば集められる?

どうしても明日までにお金を用意しなければ‥そんな切羽詰まった状況で、焦っておられるそこのあなた!まずは深呼吸をして、心を落ち着かせてから、必要なものを一緒に考えてみましょう。
即日融資、また翌日融資というように、急いでお金を工面したいときには、何と言ってもインターネットを使った融資が、一番スピードが速いです。

ネットでお金を借りるための必要書類

準備するものとしては、①免許証などの公的証明書類。それから借り入れる金額によりますが、②所得を証明する書類の提出が求められる場合があります。
消費者金融から100万円、200万円といった高額な借り入れをしようとする場合、所得を証明する書類が必要になることが多いです。

所得を証明する書類とは?書類を要しする時の注意点

所得を証明する書類って何?と言われると、まず浮かぶのが昨年の源泉徴収票です。勤め先の発行するこの書類に、昨年の年収や社会保険料等の金額が記載されています。
源泉徴収票をもらったのは、半年も前の話で、ごみ箱に捨ててしまったという方もおられるかもしれません。源泉徴収票は、勤め先で再発行してもらえるはずですので、総務など、必要な部署に問い合わせてみると良いでしょう。

ただ、この場合、当たり前と言えば当たり前のことですが、再発行には数日の日数がかかるものと思われます。
源泉徴収票を急ぎで提出できないという場合、これの提出に代えて、給与明細の提出でOKという消費者金融も少なくありません。直近数ヶ月分の給与明細の提出を求めてくる消費者金融が多いようです。給与明細の方が、紛失の危険が大きい源泉徴収票より確実かもしれませんね。

高額なお金を急いで融資してもらいたいとき、これらの書類をあらかじめ準備して、いつでも提出できるようにしておいて下さい。
その上で、インターネットで申込みを行い、さらには電話で審査を急いでほしい旨、伝えれば、それなりに個別対応を取ってもらえるだろうと思われます。まずは心を落ち着かせて、焦らずゆっくりと連絡して見て下さいね。

どういう手順で200万円を調達すればいいか?

手順としてはやはり、まずは大手から借りましょう。
なんといっても審査が早いです。ここで100万円でも借りれたらしめたものです。
そこから、地元の中小のサラ金。数件回れば100万円くらいは借りれるでしょう。

正規の消費者金融から借りれないからといって、間違っても闇金には走ってはいけません。
借りれる額も小さいですし、金利がとんでもないので、闇金からの借入が、他からの借入の足を引っ張ります。
ですので、正規業者からのみで、200万円を調達することを考えましょう。

健康保険滞納は避けたい・・・。カードローンで借りてでも払った方がいい?

健康保険料は、会社勤めの場合、給料から天引きされるのが普通で、しかも会社が半分負担してくれますので、金額を意識することはあまりないというのが実情ではないでしょうか。
ところが、会社を退職して、無職になったり、自営業になったりすると、国民健康保険に加入することになるのですが、この場合、保険料は全額個人で負担しなければなりません。

この金額が、毎月毎月、2万円くらいかかりますので、日が経つごとにじわじわと、ボディーブローのように効いてきます(この記事を書いている私自身も、身をもって体験済みです‥)。
そして、病院なんて、めったやたらにお世話になる機会もないということで、保険料の支払いがおざなりになってしまい、多額の滞納を抱えてしまっているという方が少なからずおられます。

保険料を払っていないと急な怪我や病気でも全額実費

いつ何時、大病をするかはわかりません。事故・病気・ケガ。
ひょっとしたら明日にも病院のお世話になっているかもしれませんからね。そんな時保険料滞納していれば、自費で立て替え払い。
全額負担なら1日入院でも10万円を超えてくるかもしれません。当然そんなお金払えないわけですから、考えるだけでも恐ろしいですよね。

この場合、カードローンを利用してでも、保険料を支払ってしまった方が良いのでしょうか。

就職の予定があれば借りる、なければ借りないのがベター

この質問に対する答えは、難しいところではありますが、再就職の当てがあり、来月から給料が入ってくることが確実というような場合には、選択肢の一つに入ってくるのかなとも思います。
保険料は、税金と同じように、いずれは支払わなければならないもので、逃げられるものではありません。
初回の借り入れから1ケ月間は、金利がタダ!なんて言う消費者金融もありますので、上手く組み合わせることができれば、ダメージの少ない利用ができるかもしれません。

ただ、お金が入ってくる当てのない場合、この方法はお薦めできる方法とは思えません。
借金だけが残ってしまい(当然、金利が発生します)、しかも、保険料の滞納は、翌月から、また発生することになりますので、客観的に見て、あまり上手い方法とは言えないように思います。

収入がない場合まずは役所に相談しよう

お金が入る予定がない場合には、役所に出向いてみて、分割払いなど、何らかの方法が取れないか相談してみる方が良いでしょう。
退職理由によっては、保険料の減免措置が図られる場合もあるようですので、あまり奇をてらったやり方は避け、無難な方法を選択した方が良いと思われます