任意整理で借金を減らしたが、今後お金を借りる事はできる?

任意整理という方法は、法律で認められた方法であり、それによって借金を減らすことができる場合があります。
しかし、任意整理をすると、金融事故を起こした者として、いわゆる「ブラックリスト」に名前が載ることになりますので、その後のキャッシングやカードローンの利用に制限がかかる場合が多いです。

任意整理した人もブラックリストに入る

ブラックリストというと、自己破産者が載るというイメージがあるかもしれませんが、任意整理した人も一定期間、事故情報が掲載されます。
ただし、いくつかある信用情報機関のうち、事故情報が共有されるところと、されないところがあるというのが、自己破産と違うところです。
その意味では、言ってみれば、任意整理のほうが、破産に伴うペナルティが小さいといえます。

その上での話ですが、任意整理後に、金融業者からお金を借りれなくなるかと言うと、必ずしもそうとも言えません。
どこからも借りれない、融資が受けられないという状況下に置かれる人は、極少数です。
審査の厳しい銀行や大手消費者金融からの借り入れが難しくなることは事実でしょうが、世の中には、星の数ほど、金融業者が存在します。
なので、債務整理者であっても、利用可能な金融業者は、意外と少なくないなと、結果として、お感じになられる場合もあるかもしれません。

ブラックリストから外れる年月をまたずに借りれる?

大手の金融業者等からの借り入れが難しい場合、街中の中小の金融業者の審査に申し込んでみると良いかもしれません。
この場合、いわゆる、ブラックリストの掲載期間(およそ5年)をまたずに申し込むことも可能です。

ここでは、大手の金融業者等の審査に通らない人が、申込者の多数を占めますので、その中にあって、業者さんが、完済可能と判断した場合、お金を借りることが可能となります。

ただし、最初は、5万円、10万円というように、少額のお金しか借りられないケースが多いだろうと思われます。
少額のお金であっても、毎月滞ることなく、きちんと返済していき、お金に関する信用が高まっていくと、さらに高額の利用が可能になっていくのが普通です。

中小消費者金融でもネットから借りられる

中小の金融業者と言うのは、全国にたくさん存在しますが、最近のキャッシングは、わざわざ店舗に赴かずとも、ネットや電話を使い、申込みから審査、実際の借り入れまでが完結する場合が多いです。
したがって、条件面で折り合いさえつけば、例えば東京に住んでいて、札幌の業者を利用したり、福岡の業者を利用したりというようなことも可能ですので、そういう意味でも、選択肢の幅も広がっていると言えるでしょう。