キャバ嬢・デリヘル嬢がお金を借りる方法はある?

キャッシングをする際に必要な条件として、安定した収入という点がどこの会社にも条件として記載されています。
しかし自分の職業はお金を借りる事が出来るのだろうかと不安に思う人も多いはず。

キャバクラ勤務だけどお金を借りたい。どうすればいい?

自分はキャバクラで働いてるからお金を借りれるか不安、といういわゆるキャバクラ嬢の人の悩みを聞く事がありますが、お金を借りるという点においては職業は基本的に関係ありません。

大切なのは安定した収入が継続してあるかどうかになるので、キャバクラ嬢だからといって断られる心配はしなくて良いという事になります。

キャバクラ勤務でも正規雇用か非正規雇用かで審査が変わる

キャバクラ勤務で断られることがなくても、審査を左右する注意点があります。

それは正規雇用、つまり正社員であるかどうか?保険が社会保険であるかどうかは、審査の際にひとつのポイントとなります。
短期でキャバクラでバイトをしているキャバクラ嬢、何年も社員としてキャバクラで働いてるキャバクラ嬢では意味合いが変わってくるのです。

キャバクラ嬢である事が問題なのではなく、バイトであればいつ辞めるか分からないという不安点があるので、貸す側にとっては返済に対しての不安を抱くのです。
確かにアルバイトでもお金を借りる事は可能ですが、融資額は正社員に比べて低くなる可能性は出てきます。

大手がダメなら地元の中小消費者金融に頼る!

また大手の審査は機械的なので、バイトだともしかすると審査に落ちる可能性もあります。
そんな不安がある人は、大手より中小の消費者金融の方が向いているかも知れません。
中小の消費者金融の審査は独自審査が多いので、大手より融通が効く場合があります。

サービス面では大手に劣るかも知れませんが、中小の消費者金融でも利息は大手と変わりません。
大手でないとなぜか怪しい会社などといったイメージを持つ人が多いですが、基本的には何の変わりもありません。

キャバクラ嬢だけどお金をかりたい、という場合は自分が働いているお店の正式名称と在籍確認で必要な電話番号をきちんとメモしてから、申し込みを行うと良いでしょう。
またアルバイトでキャバクラ嬢をしている人も、基本的には同じですが申し込みの際にはアルバイトである事をきちんと伝える事が必要です。

デリヘル勤務だけどお金を借りたい。どうすればいい?

デリヘル勤務だけどお金を借りたい場合、問題となるのは安定した収入です。
デリヘル勤務だからお金を借りれないという訳ではなく、あくまでも安定した収入がポイントとなるのです。

デリヘル勤務だと多くのケースで、定職を持たない人、バイトである人が多いです。
つまりフリーター的な要素が濃い事になりますが、この点が審査にどう影響するかというのが一番のポイントになるでしょう。

上記の様な点から見るとデリヘル勤務だけどお金を借りたいと考えた時、銀行のカードローンは難しいと考えるべきです。
そうなると必然的に消費者金融がお金を借りる対象となってきますが、消費者金融ならデリヘル勤務でも絶対に借りれるという保証はなく、消費者金融の審査に通らなければ
お金を借りる事が出来ません。

消費者金融ももちろん融資対象となる方という注意書きがあり、大抵の場合で20〜60代の安定した収入がある人が対象となっています。
この安定した収入、という点がデリヘル勤務での収入をどう判断するかになります。
会社勤めではなく月収としての安定した収入ではないので、返済に不安があると判断された場合審査には通りません。

風俗勤務は大手以外の貸金業者を探す!

同じ風俗でも店舗を持つソープ嬢やキャバクラ嬢とデリヘル勤務での差も、もしかすると
あるかも知れません。
大手では風俗関連勤務の人が、審査に通らないといったケースも結構ある様です。

しかしデリヘル勤務で収入もそこそこにあるのでお金を借りたいという事が悪い訳ではなく、審査に通りそうな消費者金融選びが大事になってきます。
大手で断られたからと全て諦める必要もなく、考え方や視点を変えて考えましょう。

消費者金融は大手だけではありません。
メディア露出が少ない中小の消費者金融や、自分の街にある街金などを含めるとかなりの数が存在します。

中小の消費者金融や街金は危ないと思っていては、お金を借りる事は難しくなってきます。
規模は小さいかも知れませんが、中小の消費者金融や街金などもきちんとした貸金業です。
また大手とは違った審査基準のケースが多いので、デリヘル勤務の人でも自分の収入をきちんと証明出来ればお金を借りる事はそう難しくないのではないと考えられます。