おまとめローンで一本化後、追加融資は現実的に厳しい?借りたい場合は?

おまとめローンというのは、支払日がバラバラであった複数の業者からの借金を一つにまとめる方法のことを言います。
上手く条件がマッチせず、おまとめローンを利用できない場合もありますが、人によっては、かなり返済総額を減らすことができる場合があります。
自分にはムリと、端から諦めてしまうのではなく、複数の業者からキャッシングして、その返済に困っている方は、積極的にチャレンジしてみることをお勧めします。

おまとめローンを利用後にお金を借りる方法

おまとめローンで借金を一本化した後に、追加でお金を借りるときは、おまとめローンを利用している業者から追加融資を受けるか、別の業者から、新たに融資を受けるということになるでしょう。

ただ、実際問題、返済に困って債務を一本化したということは、その時点でかなりの返済額が残っていることになります。
その状態で、大手業者から追加融資を受けるというのは厳しいでしょうね。

それでも借りたいなら、中小の街金から借りるほかない

あと、ちょっと理屈っぽくなりますが根本的に「借りないほうがいい」という考え方もありますね。
それは、「なぜおまとめローンを利用したのか」という基本的な問題です。

おまとめローンというのは、複数ある借金を一つにまとめ、返済を容易にしていくための方法です。
それにもかかわらず、返済に集中するのはなく、追加で融資を受けるとなると、貸し手としては、「話が違う!」という流れになるのが普通の考えでしょう。

したがって、おまとめローン利用後の融資の審査は、厳しくなることを覚悟しておかなければなりません。

特に、銀行や大手消費者金融の審査は、こうったポイントでシビアに判定される傾向にあります。
この点、中小の消費者金融の場合、個人の事情に寄り添った親身な相談に応じてくれる場合がありますので、どちらかと言うと、このような条件の元では、後者の方が、審査に通過しやすいと言えるでしょう。

中小消費者金の審査で気をつけたいこと

中小の審査では、ご自身の実状について、事細かに聞かれる機会があるかもしれません。
この場合には、電話や対面による質疑応答が行われることになるでしょうが、むしろ、そういった機会を積極的に活用して、包み隠さず、正直に事情を話すようにして下さい。

「ちょっと条件は厳しいけれど、嘘をつくような人でもないようだし、この人になら、もう少しだけお金を貸しても大丈夫かな‥」
業者に、そんな風に思ってもらえるよう、率直な話をすると良いでしょう。

そして、その期待を裏切るようなことのないよう、計画的に、きちんと返済するようにして下さいね。