ギャンブル使用目的でお金をかりることはできる?

ギャンブルでの一攫千金を目指して、消費者金融などからお金を借りる人がいますが、この考え方はおすすめできるものではありません。

まず、イイ悪いの話の前に、ギャンブル目的で借りれるか借りれないかだけを考えれば、答えは「借りれません」です。
パチンコ代貸してください!と言って貸してくれる業者は闇金くらいのものです。ギャンブル目的では正規業者からはどこからも借りれないです。

なので、もし借りるとすれば、「生活費目的」など別の理由を提示して借りるしかありません。

ギャンブル使用目的で、お金を借りることは結果的にはできます。
使用目的をちょっとごまかしさえすれば、収入審査で落ちないかぎり借入はOKですね。

負けて返済不能になったら自己破産すらできない

でも、実際問題負けてしまった場合に、どのようにお金を返していくかと考えた場合、リスクが大きすぎます。
また、難しい内容なので、ここでは簡単な紹介にとどめますが、日本には破産法という法律があり、その法律では自己破産するための要件等について規定されています。
自己破産というには、債務(つまり借金)に苦しんでいる人を救済するための国が認めた制度ですが、破産して、裁判所から免責の審判が下されると、債務を払わなくてもよくなります。

しかし、法律では、ギャンブルで多額の債務を背負ったときには、免責不許可が原則と明記されています。
難しいこといいますが、つまりは、ギャンブルで作った借金は自己責任だから、なんとしても払わないといけないよっていうことです。
合理性や妥当性を考えてみれば、当たり前と言えば当たり前の話で、自分の落ち度以外の何物でもなく、図らずも、親の借金を背負ってしまった場合や失業により住宅ローンが払えなくなった場合など、他の情状酌量の余地がある話とは別物として扱われます。

同じ借金であっても、このように借金の性質によって、言ってみれば「色」が付いていることはあまり知られていませんが、とても重要なポイントです。

ギャンブル目的でお金を借りるのは返済時のリスクが高い

ギャンブル目的で、お金を借りることまではできるかもしれませんが、その後の返済時のリスク、また、お金がすっからかんになって、どうにもならなくなってしまったときのご自身の将来に目を向けてみたとき、「あ、やめとくか」という判断が働くのが普通の方の神経ではないかと思います。

お金を借りること自体は悪いことでもないし、恥じることでもありませんが、ご自身の将来や家族など、周りの大切な人のことも考えて、計画性をもって、適切に利用するのが良いでしょう。