明日までに200万円どうしても必要。どうすれば集められる?

どうしても明日までにお金を用意しなければ‥そんな切羽詰まった状況で、焦っておられるそこのあなた!まずは深呼吸をして、心を落ち着かせてから、必要なものを一緒に考えてみましょう。
即日融資、また翌日融資というように、急いでお金を工面したいときには、何と言ってもインターネットを使った融資が、一番スピードが速いです。

ネットでお金を借りるための必要書類

準備するものとしては、①免許証などの公的証明書類。それから借り入れる金額によりますが、②所得を証明する書類の提出が求められる場合があります。
消費者金融から100万円、200万円といった高額な借り入れをしようとする場合、所得を証明する書類が必要になることが多いです。

所得を証明する書類とは?書類を要しする時の注意点

所得を証明する書類って何?と言われると、まず浮かぶのが昨年の源泉徴収票です。勤め先の発行するこの書類に、昨年の年収や社会保険料等の金額が記載されています。
源泉徴収票をもらったのは、半年も前の話で、ごみ箱に捨ててしまったという方もおられるかもしれません。源泉徴収票は、勤め先で再発行してもらえるはずですので、総務など、必要な部署に問い合わせてみると良いでしょう。

ただ、この場合、当たり前と言えば当たり前のことですが、再発行には数日の日数がかかるものと思われます。
源泉徴収票を急ぎで提出できないという場合、これの提出に代えて、給与明細の提出でOKという消費者金融も少なくありません。直近数ヶ月分の給与明細の提出を求めてくる消費者金融が多いようです。給与明細の方が、紛失の危険が大きい源泉徴収票より確実かもしれませんね。

高額なお金を急いで融資してもらいたいとき、これらの書類をあらかじめ準備して、いつでも提出できるようにしておいて下さい。
その上で、インターネットで申込みを行い、さらには電話で審査を急いでほしい旨、伝えれば、それなりに個別対応を取ってもらえるだろうと思われます。まずは心を落ち着かせて、焦らずゆっくりと連絡して見て下さいね。

どういう手順で200万円を調達すればいいか?

手順としてはやはり、まずは大手から借りましょう。
なんといっても審査が早いです。ここで100万円でも借りれたらしめたものです。
そこから、地元の中小のサラ金。数件回れば100万円くらいは借りれるでしょう。

正規の消費者金融から借りれないからといって、間違っても闇金には走ってはいけません。
借りれる額も小さいですし、金利がとんでもないので、闇金からの借入が、他からの借入の足を引っ張ります。
ですので、正規業者からのみで、200万円を調達することを考えましょう。