開業直後に資金がショート!事業者向けキャッシングを利用しよう

キャッシングを利用する目的は人によって様々です。毎日の遊興費が足りない場合もあるでしょうし、転勤に伴う引っ越し費用の工面が目的の場合もあるかもしれません。
また、経営している事業の継続が目的で、お金を借りたいとお考えの方もいることでしょう。
実際には事業資金はなんとかあるけど、自分の生活費が足りない・・・ということも多いですね。

通常のキャッシングやカードローンの場合、借り入れの目的は生計費に充てるという使途制限を設けている業者が多いようです。
したがって、事業の継続に資する目的でお金を借りることは、この場合にはできないことになります。

金融業者によっては事業者向けカードローンを展開していることも

ただし、金融業者によっては、名称こそ各社様々ですが、事業者向けのキャッシングやカードローンのサービスを展開している業者さんもあります。

事業の維持・継続が目的でキャッシングしたいと考えている方は、ホームページなどで確認し、こういったサービスを積極的に行っている業者さんに相談してみると良いでしょう。
あまり知られてはいませんが、アイフルを始め大手消費者金融もビジネスローンのサービスを提供しています。
政策金融公庫のような低利で借りることはできませんが、その分審査が早く、つなぎ融資にも使えるのが便利な点です。

中小消費者金融なら柔軟対応、親身になって付き合ってくれる

また、ホームページ上で、使途制限が確認できない場合には、あらかじめ電話などで業者さんに連絡し、生活目的ではなく、事業目的でのサービスの利用が可能かどうか、確認しておきましょう。
個人事業主の場合、この生活目的と事業目的との違いがグレーである場合が少なくありませんが、合法的に、正しくキャッシングを利用するため、面倒臭がらずに、内容の確認を行うようにして下さい。

あまり嬉しいことではありませんが、金融業者さんとは、長いお付き合いになることが少なくありません。
業者さんからお金を借りて、毎月順調に返すことができれば良いですが、未来のことが予測できませんし、いつも順風満帆とは限らないかもしれません。

いざと言うときに、親身になって相談に乗ってもらえるように、こちらからも嘘なく、きちんと正確な情報を上げて誠実に行動し、少しずつでも、信頼関係を構築していくことが(業者さんとの関係に限ったことでもありませんが)良いお付き合いを維持するためのポイントと言えるでしょう。
そういった意味では、大手から借りるのもいいですが、柔軟対応してくれる街の中小の消費者金融から借りるのも得策だといえます。